富士フィルム、スマフォと仲良く?『FinePix Z1000EXR』

6 3月

スマートフォンである程度高画質な写真が手軽に撮れてしまうし、SNSへの連携にも強い。ソレに対していまひとつパッとしないコンデジ業界。デジタル一眼やトイデジはまたスマフォと競合しない部分なのだけど、コンデジは丸々スマフォと被っていて、最近すっかり影が薄い。そんな中各社スマフォとの連携を図るような機能を載せ始めたらしい。そこで特に機械に強くない人でも、気楽に使える無線LAN対応モデルとして出てきたのが、富士フィルムの『FinePix Z1000EXR』。裏面照射型のEXR CMOSセンサーを搭載した1600万画素モデルにして、細かく設定しなくても良いフルオート志向であるようだ。物理ボタンは上面にシャッター、ズームレバー、再生と動画ボタンのみで、あとの操作はタッチパネルで行う。

撮像素子は1/2型、光学5倍ズームで明るさはF3.9-4.9。Z1000EXRは撮影した写真をケータイに送るための赤外線通信機能を有しており、さらに無線LANにてスマートフォンへの転送も可能にしている。iOS、Androidのどちらにも対応しており、それぞれ『FUJIFILM Photo Receiver』というアプリをインストールしておく。その後カメラ側で送りたい写真を表示させ、送信ボタンを押すだけだ。デジカメで撮った写真もいちいちSDカードを入れ替えてデータをコピーしたりせず、無線でスマフォに送り、アプリでちょっと加工してブログにアップするとか。そういう連携がスムーズにできると、ますます写真を撮るようになって、デジカメっていうものも見直されていくのだろう。

主な仕様、1600万画素/5倍光学ズーム/ワイド 28mm/液晶 3.5インチタッチパネル/最高感度 ISO 6400/静止画 DCF(*2)準拠、圧縮:Exif Ver.2.3 JPEG準拠/動画 H.264規格準拠(MOV)、ステレオ音声付/外形寸法 102.1×59.7×18.3mm/本体質量 157g(バッテリー、SDカード含)

デザイン:★★★★☆
機能性  :★★★★☆
性  能  :★★★★☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。