Docomo、契約数6000万件突破

21 3月

NTTドコモは14日、携帯電話の契約数が今年3月11日で6000万を突破したと発表した。携帯電話は1979年12月にサービスを開始した。大台に乗 せたのは、5000万契約を突破した2005年11月以来約6年ぶりとなる。ただ4000万契約を達成したのは02年1月で、成長のスピードは落ちてい る。

総務省によると、11年末の携帯電話(PHSを含む)の人口に対する普及率は101.4%で、1人当たり1台を上回っている状況。またスマートフォン(高機能携帯電話)は普及しているが、ドコモはKDDIやソフトバンクモバイルに押されている。(産経ニュースより引用)

2012年2月時点で日本の人口は1億2770万人(総務省統計局調べ)だそうで、そうなると二人に一人はDocomoユーザーっていうことに。主な通信会社はDocomo、AU、Softbank、イーモバイル、ウィルコムとあるなかで、Docomoが人口の半分をカバーしてるってすごいな。私は十数年前にDocomoのPHS使ってたことはあるけど、やっぱりDocomoは昔からちょっと高い。そしてAUはデザイン(最近振るわないけど)、Softbankは安さ一番というイメージ。Docomoは通信品質やエリアは良いのかもしれないけど、私には繋がりやすさよりも値段の安さの方が魅力。ちょっとくらい電波が悪くても移動体通信なんてこんなものでしょう。そんな中やたらとSoftbankが繋がらないことで批判されるのがちょっと不思議。Softbank以外のケータイ電波がどんだけ良いのか・・・というよりは、現代人は”繋がるのが当然依存症(=繋がらない事に非常に高いストレスを感じる)”に陥っていないかと心配です。

エディター by Digitarou

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。