いよいよ本日、Docomoのmovaサービス終了

31 3月

時代は4G(LTE)通信が始まり、3G通信全盛。前時代の2G通信(Docomoの)が今日をもってサービスを終了する。明日以降、mova専用端末は使用不能になるということだ。
現代のケータイ事情とその進化の差を比べてみよう。現代のケータイ契約は初期費用も数千円で本体は実質ゼロ円、小学生だって携帯できるのに対し、mova誕生時(約19年前)の初期費用はなんと15万円!一部の高所得者だけの特権って感じですね。
現在最も加入者が多いであろうFOMA(3G通信規格)のデータ通信速度は2~3Mbpsなのに対しmovaのデータ通信速度は2400bps。これがどれくらいの速度か?というと、1秒間に送受信できるデータ量は全角日本語文字でわずか150文字分。十分な速さでしょうか?短いメールなら1秒で送れますね。しかし、FOMA(3Mbpsとする)では、1秒間に18万7500文字送れてしまうのです!今後エリアも拡大していく次世代通信(DocomoではXiという)になると75Mbps(468万7500文字)。そういえば、昔のケータイメールって文字制限ありましたっけ。
ところでDocomoからmova終了のお知らせが発表された時点で、mova契約者が未だ31万件もありましたけど、あれはどうなったんでしょうか?

エディター by Digitarou

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。