ASUS、12.1型WindowsタブレットPC「Eee Slate B121」を個人向けに販売

3 4月

個人的に待望のマシンがやってきた!このシリーズは昨年の3月にEP121(初代)が発売されたものの、即完売即販売終了、入手困難になっていた伝説の名機(同年9月に企業向けとしてB121が再販されていた)。その後、後継機?として新発売されたのはなんとAndroid端末となったTF201。なんで?なぜAndroidにしたの!?AndroidじゃWindows用ソフトが使えないじゃないか!ショックでした・・・。自分の中でEP121は伝説の名機として定着したのでした。それが個人向けにも販売開始するという報である。こんなに嬉しいことはない。しかも価格はぐっと安くなって9万9800円(初代は14万くらいだった)。主な仕様は、CPUに1.33GHz Core-i5-470UM、1280×800ドット表示に対応したFFS方式採用の12.1型ワイド液晶を内蔵し、マルチタッチ操作のほか付属のEMRペンでの操作も可能。4GB DDR3メモリ、64GB SSD、Wi-fi、Bluetoothほか200万画素Webカメラを搭載。バッテリー駆動は約3.8時間で、本体サイズは312×207×16mmで1.1kg。Windows7(32ビット版)Homeがインストールされています。私の中ではGalaxyNoteなんてまったく目じゃないほどにこちらに注目が行ってます。GalaxyNoteよりもさらに高いけど、Windowsソフトが使えるというのが大きい。加えて液晶サイズも大きいし、ああ欲しい・・・欲しいんだが、ぶっちゃけそんなに使うか?っていうと、そんなに使わない。でもこれは買っておきたい。発売は4月上旬ということだけど、いつなの?早く教えて~。

デザイン:★★★★☆
機能性:★★★★★
性 能:★★★☆☆
携帯性:★☆☆☆☆
高級感:★★★★☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。