Archive | オーディオ系 RSS feed for this section

サンコー、へアバンドのようなBluetoothヘッドホン『スリムワイヤレスヘッドフォン』

2 4月

Bluetooth対応のヘッドフォンはプレイヤー本体とワイヤレスで音楽が聴ける半面、Bluetooth受信機がやや大きくなりがち。しかしてこちらの製品。まるでヘアバンドのようなスリムタイプのヘッドフォン。Bluetooth対応のプレーヤーと接続して音楽を楽しめるのはもちろん、スマートフォンでの音声通話にも使用できる。最大使用時間は音楽再生が5時間で通話が6時間。しっかりとホールドするオーバーヘッドタイプで、耳を完全に塞がない開放式を採用する。外部の音もしっかりと聞き取れるため、屋外でも違和感なく使用可能だ。ヘッドバンド部分は非常に柔軟に作られているため、多少荒っぽく扱っても大丈夫。側面には電源ボタンをはじめ、曲送りボタンや音量調節ボタンを搭載。接続機器に触れることなく、電話の着信応答やプレーヤーの操作に対応できる。本体サイズは幅158×奥行き148×高さ26mmで、重量は40g。Bluetooth V2.1+EDR対応で、最大通信距離は約10m。HSP、HFP、A2DP、AVRCPの各種プロファイルに対応する。microUSBポートからの充 電で動作し、充電所要時間は約2時間。
これは実機を装着してみたいですね。ヘッドフォンなのに耳を完全にふさがないという装着感は新しい。確かに外部の音も聞こえるだろうが、逆にヘッドフォンからの音声も、通常のヘッドフォンよりも漏れるということではないのか?そうなると電車内で使うのはちょっと難しい気もする。スマートフォンとBluetoothレシーバーの組み合わせはかなり良い。スマフォをポケットに入れようが、その他の操作をしようがケーブルの取り回しをまったく考えなくて良いのだ。今まではレシーバーを首から下げて、そこからイヤホンを伸ばすタイプが多くここまでスリムなものも珍しい。非常に興味をそそります。実売価格は4980円。注文してみようかな。

デザイン:★★★★★
機能性:★★★★☆
性 能:★★★★☆
高級感:★★☆☆☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

アイオーデータ、小型Bluetoothスピーカー『RockRizm』

2 4月

Bluetoothを搭載したスマートフォンやPC等の音源を鳴らすことができる小型スピーカー。iPhoneを置く(接続)ことで使えるスピーカーは多々あれど、無線接続だと本体の置き場を選ばないのが良いですね。また、無線接続のみではなく背面にミニジャックも搭載している為、Bluetooth対応じゃない機器でも使えます。つまり、普段はパソコンのスピーカーとして設置しておいて、必要に応じてスマートフォン等をつなげて楽しめるってわけだ。車の中に常備しておくのでも良い。さらにスピーカー前面にマイクを搭載しており、ハンズフリー通話も可能なのである。接続した機器で音量等の調整ももちろんできるが、RockRizm本体上部にも操作パネルがついており、ボリューム調整や再生、停止、曲送りなどの操作も可能。フル充電時からの連続使用時間は10時間。本体サイズは123×38.5×36.8mmで約130g。実売価格は4980円。

デザイン:★★★★☆
機能性:★★★★☆
性 能:★★★★☆
高級感:★★★★☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

BOSE、Apple製品対応ヘッドホン『Bose OE2i audio headphones』

27 3月

スピーカーメーカーといえば、BOSE。そのBOSEから本格サウンドと快適な装着感が楽しめるApple製品専用のオンイヤーヘッドホンが出てました。重低音はしっかり響き、繊細な音の表現力も高い。ケーブルを除いた本体の重量が約99gと軽く、耳を覆うクッションには均等に圧がかかるように設計され、長時間の使用でも疲れにくくしている。耳をすっぽり覆うとはいっても、ノイズキャンセリング機能は未搭載のため、周囲の音も聞こえます。ヘッドホンの根元近くにはiPhone、iPodtouch、iPadを操作できるリモコンマイクがついており、純正イヤホンと同じ操作性に加え、マイクとして電話の受け答えも可能とのこと。さすがに少々値段も張るが、ちょっと興味があります。私はインイヤータイプのイヤホンを長時間つけられないので、純正のイヤホンを愛用してますが、こういったオンイヤータイプのイヤホンなら、耳の穴に負担をかけることなく長時間装着、集中できそうじゃないですか。でもお値段がね・・・。実売価格は19780円(価格コム調べ)。

デザイン:★★★☆☆
機能性:★★★★☆
性 能:★★★★☆
携帯性:★★★★☆
高級感:★★★★☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

イーフロンティア、Apple製品対応リモコンマイク付イヤホン発売

18 3月

オーディオブランドの老舗、クリプシュにおける最高級スピーカーブランド『Reference』の技術を凝縮したカナル型いやイヤホン。8.5ミリ径のダイナミック型ドライバーや耐久性に優れた新型ケーブルを採用。また、特許取得済みのイヤピースは特殊な素材と形状で作っているため、長時間使用でも耳に疲労感が残らないという。周波数特性は10~19kHz。音圧レベル(1ミリワット)は110デシベルで、インピーダンスは18オーム。重量は11.9g。写真はApple製品対応の3ボタンリモコンマイクが付属する『Reference S4i』市場予想価格は9800円前後。iPhoneのスピーカーはモノラルで、イヤホンだとステレオサウンドが楽しめるようになっているが、さらに使用するイヤホンでその音質は全然違うという。もともとiPhoneに同梱されているリモコンマイク付イヤホンは、個人的にはベスト装着感で、リモコンマイクの感度も良好である為、通話、音楽、Siriコントロールとよく使っているが、音質自体はそれほど良くは無いらしい。しかし他社製の高性能イヤホンに変えると便利なリモコンマイクが使えない。さて、どうしよう・・・という時にReference S4iってわけだ。さらに音質も向上するようだし、試してみたいところですね。ただ・・・、この耳栓のようなカナル型というのが私の耳は苦手なようで、長時間つけてられないのです。”特殊な素材と形状”を謳っているReference S4iにはそういう意味でも期待したい。

デザイン:★★★★☆
機能性:★★★★☆
性 能:★★★★☆
高級感:★★★★☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou