アーカイブ | モバイルバッテリー RSS feed for this section

エレコム、スマホなどを太陽光で充電できるソーラー充電器セット発表

18 3月

エレコムは13日、外出先でもiPhoneやスマートフォンなどを充電できる、太陽光充電式のソーラー発電器セット「DE-SCSET01WH」を発表、3月下旬より発売する。太陽光を当てることで充電できるソーラー発電器と、モバイルバッテリー、AC充電器などがセットになった製品。ソーラーパネルは、最大出力電力1.8Wの高効率単結晶シリコンパネルを採用。気象条件などで変動する最適動作点に追従する「MPPT(Maximum Power Point Tracker)」機能により、曇りの日でも発電力は落ちにくいという。モバイルバッテリーは、単3形充電式ニッケル水素電池×2本を内蔵でき、満充電時でiPhoneを約40%まで充電可能。ソーラー発電器から蓄電できるほか、付属のAC充電器を使うことで家庭用コンセントからも蓄電が可能。ただしモバイルバッテリーへの蓄電と、スマートフォンなどへの給電は同時には行えない。主な仕様としては、ソーラーパネルの最大出力 1.3W/定格出力電流 260mA/本体サイズ 186×103×18.6mm/重量 約200g/給電用インターフェース USB。エレコムサイトによると、ソーラーパネルからスマフォ等へ直接充電できるわけではなく、一旦付属のモバイルバッテリーを充電した後、モバイルバッテリーからスマフォへ給電するらしい。また、モバイルバッテリーをフル充電してもiPhoneのバッテリー自体は約40%ほどしか充電できない。ならばなぜモバイルバッテリーを乾電池二本仕様にしたのだろうか?4本なら80%充電できるということだろう?(その分ソーラー充電も時間がかかるだろうけど)未来を感じる製品ではあるけれど、まだまだ実用には力不足といわざるを得ないかな。それでも本当に何にも電源がない自体なら40%でも充分助かりはするのだけども。

デザイン:★★★★☆
機能性:★★☆☆☆
性 能:★☆☆☆☆
高級感:★★★☆☆

総合評価:★★★☆☆

エディター by Digitarou

myFC、水充電式モバイルバッテリー『PowerTrekk』

6 3月

フィンランドの燃料電池メーカー『myFC』は、iPhone、iPodなどに対応したポータブル充電器『PowerTrekk(パワートレック)』を発表した。2012年春を目処に日本および、北米、ヨーロッパで順次発売予定。バッテリーの容量は1500mAhとモバイルバッテリーとしては標準的ながら、その特徴は『水』だ。燃料電池の蓋を開け、中に少量の水を注ぐとその水分を使って発電し、モバイル機器を充電するのだ。水を使った電池といえば、ナカバヤシ(株)から出ている『水電池NOPOPO』が記憶に新しい。があちらはあくまで乾電池。こちらはモバイルバッテリーとしてUSB給電可能なモバイル機器なら何でも充電できる。また使用する水は真水である必要はないので、アウトドアや緊急時には活躍しそうである。本体価格は229ドル(約1万8600円)、専用の追加燃料電池パックが3個で12ドル(約975円)。同容量のモバイルバッテリーとしてはちょっと高価だけど、まったく電源の確保できない場所でも水さえあれば使える、というのは震災大国日本において、充分魅力的といえるかもしれない。・・・ただ1500mAh(確かiPhone4Sが1420mAh)はちょっと物足りない気が。

デザイン:★★★★☆
容 量 :★★★☆☆
性  能  :★★★★★

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou