アーカイブ | iOSアプリ RSS feed for this section

キングジム、アナログとデジタルの融合ノート「SHOTNOTE」

31 3月

 

文具メーカーで有名なキングジムから発売している「SHOTNOTE」という製品。スマートフォンにもそれぞれ専用のアプリがあり、紙に書いたメモをスマートフォンのカメラでスキャンしてデジタルデータにできる。カメラで対象を撮影しようにもノートの真正面から撮る必要は無く、ノートの四隅にあるマーカーを認識して自動で形を補正し、スマフォの画面にぴったり合わせてくれるのである。まだまだ紙にペンで書く動作に勝るデジタルツールは存在しないので、こういうお手軽電子化という方向性の方が良い気がする。先日Docomoから発売が決まった筆圧感知ペン対応スマフォ、GalaxyNoteも実機を触ってみたがやはり紙に書く感覚にはほど遠かった。ただ・・・iPhone用のSHOTNOTE対応アプリのスキャン精度が実はそんなに良くないってのが玉に瑕。EverNoteやDropboxに連携できて便利なんだけど、カメラスキャンがとにかく弱い。紙ノートとしては書き易く、四隅のマーカーがページごとに記載されているのは便利なので、別のスキャンアプリで使う様にしてます。個人的にはDocScanner(iOSアプリ)がおススメ。なおSHOTNOTEはAndorid端末にも対応してます。

デザイン:★★★★★
機能性:★★★☆☆
性 能:N/A
携帯性:★★★☆☆
高級感:N/A

総合評価:★★★☆☆

エディター by Digitarou

ロジテックからもBluetoothで置き忘れを防ぐキーホールダー『ぶるタグ』発売

30 3月

カシオの『スマフォ対応G-Shock』iBUFFALOの『探せるキーホルダー』に続き、ロジテックからも同じ用途の商品が出ました。先のアイテムが比較的男性向けのデザインだったのに対し、こちらは男女問わず使えそうなデザイン。サイズも45×45×13mm、22gと軽量コンパクト。iPhone4Sとペアリングすることによって、iPhone側からぶるタグを探せたり、ぶるタグ側からiPhoneを探せたり、iPhoneとの距離が離れるとバイブや音で知らせてくれるので、うっかり置き忘れも防げます。通信を使うということで、バッテリーのもちも気になるところですが、連続待ちうけ時間は約2年と長寿命。iPhoneをどこかに置き忘れた経験がある方や、家の鍵など小物を紛失して、慌ててしまうような方には最適なのではないだろうか。

デザイン:★★★★☆
機能性:★★★★☆
性 能:★★★☆☆
携帯性:★★★★★
高級感:N/A

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

iBUFFALOから、iPhone4S専用探せるキーホルダー『BSHSBTPT01BK』

25 3月

iPhone4Sに専用アプリ「さがせーる/Saga-cell」(AppStoreにて無料)をインストールし、カギにBSHSBTPT01BKをつけておけば、カ ギが見当たらない時にiPhone4Sからカギを探したり、iPhone4Sが見当たらないときにBSHSBTPT01BKから探すこともできるようになります。また、iPhoneあるいは鍵、どちらかを置き忘れそうになって距離が離れるとお互いに振動して知らせてくれます。あれ?以前こんな商品ありましたね。カシオのスマフォ対応腕時計G-SHOCK GB-6900です。腕時計の方は現時点ではカシオのスマフォ、メディアスにしか対応していない為、iPhoneユーザーの私には使えませんでしたが、BSHSBTPT01BKなら大丈夫。家の鍵が見つからない!に心当たりのある方は検討してみてはいかがでしょうか?なおサイズは45×26mmで約12gと非常にコンパクト。鍵と一緒に持っていても特に邪魔にはならないでしょう。

デザイン:★★★★☆
機能性:★★★★☆
性 能:★★★☆☆
携帯性:★★★★★
高級感:N/A

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

通話料金を安くするスマフォアプリ『050 Plus』

21 3月

『050 Plus』というのは2011年夏にNTTコミュニケーションズが提供し始めたiPhone・iPad・Androidなどのスマホで利用出来る“IP電話”サービスです。専用のアプリから電話発信することによって、固定電話宛なら3分8.4円、携帯電話宛なら1分約17円で通話することが可能になります。この価格がスマートフォンにおいてどの程度安いのか?というと、各携帯会社の基本料1000円以下のプランにおいて、同社間通話は無料であっても他社間通話は1分42円ですから、普通にスマフォから電話するのに比べ6割も安くなります。一ヶ月の電話代が5000円になるような人なら、それが2000円になるってことです。なお050Plusを利用するには月額315円かかります。

私はIP電話アプリは『Skype(スカイプ)』を使ってます。Skypeは2004年ごろから国内で使われ始めたIP電話サービス。価格設定は050Plusとほぼ同じ。ただSkypeで普通の携帯宛に電話すると、相手に電話番号が通知されません。そうなるとアドレス帳に登録できないので“知らない番号には出ない”という人にはかけられない、あるいはかける前に連絡しなければならず、基本的には荷物の再配達の依頼とか、粗大ゴミ回収の依頼といった番号通知をする必要のない相手への連絡に使ってます。この点、050Plusでは“050~”の番号を取得でき、それが相手に通知されるので使い勝手は良いと思う。スマートフォンを使っていて、通話料が高いとお悩みの方は、050Plusを検討してみてはいかがでしょうか?

 

エディター By Digitarou

iPhoneで操縦できる格安ラジコンヘリ『helicopter』登場

20 3月

iPhoneで操作できるラジコンヘリといえば、やはり『AR.Drone』。AR.Droneは4つのプロペラで自在に空を飛びまわり、なおかつ本体に搭載されてにるカメラによって飛んでいる風景をiPhoneの画面で見ながら操作できるという、とても楽しそうな玩具なんだけど、いかんせんお値段約3万円とお手軽に買えるレベルじゃありません。(発売当時は4~5万だったような・・・)それが今回紹介する『helicopter』ならお値段ぐっとお安く5280円!しかもカメラ搭載で空撮も可能!・・・だけど、AR.Droneのように操縦席から見ながら操作、みたいなことは出来なさそう。それだとiPhoneラジコンで買う意味があんまりないなぁ。iPhoneで操作できるラジコンってすでに色々出てるんだけど、カメラが付いててiPhoneの液晶を操縦席に見立てて操作できるようなものってほとんどない。なにかそういうのができない大人の事情でもあるんでしょうかね。サイズは240×110×45mm

デザイン:★★★☆☆
機能性:★★★☆☆
性 能:★★★☆☆
携帯性:★★☆☆☆
高級感:N/A

総合評価:★★★☆☆

エディター by Digitarou

 

ライターズハイ、iPhone用黒電話アプリ『Landline』リリース

19 3月

以前当ブログで紹介しました、スマートフォンをレトロな電話に変えるアクセサリ『レトロフォン』。レトロフォンと組み合わせて使えば完璧!てなアプリがリリースされましたよ!その名も『Landline』。AppStoreから無料で購入できます。

アドレスから番号を選んでも電話がかかるわけではなく表示されるだけ。それを見ながらダイヤルをジーゴロゴロと回す回す。
さっそく購入してみた。懐かしさもあるけど、今やすっかりデジタル電話に慣れた体。これが結構大変!だけど打ち損じてもバックスペースボタンがあるので大丈夫。昔はこういう風に番号を一字一字打ってたから、よくかける番号はすっかり頭の中に・・・というか指が覚えてたけど、今じゃ自分の携帯番号すら怪しい・・・そんな人も私だけじゃないはず。
これを機にダイヤル回して、レトロフォンで電話する、なーんて最新ガジェットで過去への旅をしてみるのはいかがでしょうか?
ちなみにダイヤルを自動で回す機能もついてます。個人的な希望としてはもうちょっと黒電話独特のダイヤルサウンドを再現して欲しかった。

デザイン:★★★★★
機能性:★☆☆☆☆
性 能:★☆☆☆☆
高級感:★★★★☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

レトロフォンはネットショップMiniSuitにて販売中です。

http://item.rakuten.co.jp/minisuitjp/aretrophone-/

巻尺付iPhoneケース『iConvex』

12 3月

ガジェット特化型のクラウドファンディングサービス「Cerevo DASH」で支援募集を開始するプロダクトの第一弾が、 サービスの開始と同時に公表されました。そのプロダクトとは、巻尺つき iPhone ケース「iConvex」。iPhone自体をデジタル巻尺にしてしまうという、iPhone 拡張デバイスです。計測した長さをiPhone上で記録、撮影した写真に書き込め、SNSにて共有などiPhoneならでは。また外装がプラスチックではなくアルミの削り出しというのも評価ポイントです。実際欲しい家具の寸法を測ってから買いに行くなんて風景は誰もが身に覚えがあると思うのだけど、いざ売り場についてみるとどの辺の長さがどうだっけ?とメモっていったのに忘れてるケースも少なくない。長さを写真に添付するアプリはすでに存在するものの、iConvexのように巻尺自体がiPhoneとセットになっているのは唯一無二であろう。開発元の Cerevo では、「これ欲しい!」という購入希望者から目標 100万円の支援金を Cerevo DASH 上で募っています。無事支援金が集まったあかつきには、500円支援した人はiConvex のウェブサイト内「Special Thanks」リストに名前が載り、3000円払うと Cerevo DASH ロゴ入りステッカーが貰えます。完成品を手に入れるには 1万円以上の支援が必要。さらに2万5千円払うと、特別限定品の背面鏡面仕上げ版が入手できます。いますぐにでも支援したい、という方は Cerevo DASH へ。

主な仕様 サイズ132×66×17mm/重量 未定/素材 アルミニウム/巻尺 1.5m(電子巻尺の為ホールド機能で複数回計測可能。何mでも測ることができます。)/充電端子 Micro USB

デザイン:★★★★☆
機能性:★★★★☆
性 能:★★★★☆
高級感:★★★★☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou