Archive | Canon RSS feed for this section

キャノンから光学12倍ズームデジカメ「IXY 1」発売

21 3月

キャノンのコンパクトデジカメ”IXYシリーズ”最新作『IXY 1』が3月9日に発売された。
デザインは角が丸かった最近のモデルから一新して、フラットな長方形でカラーはブラックとホワイトの2色。キャノンもまた無線LAN機能を備え、スマートフォンとの連携を試みてきた。
開放F値はF3.4-5.6とワイド端はやや暗めで、望遠端は2011年モデルより少し明るい。最短撮影距離はレンズ前1センチとかなり寄れる。撮像素子は総画素数1680万画素の裏面照射型CMOSセンサーでありながら、有効画素数は1010万画素。画素数よりもデザインと薄さ、それに高倍率を重視したつくりになっている。
IXYといえば小さな四角い箱でありながら、持ってみるとズシっと重く、かもし出される重厚感に憧れたもの。IXY 1のホワイトカラーもそのスタイリッシュさでは、他の製品を寄せ付けない輝きを放っているようです。
主な仕様 光学12倍ズーム/撮影距離 オート 1cm~∞、マクロ 1cm~50cm/液晶モニター 3.2型ワイドTFTカラー液晶/記録媒体 microSD/microSDHC/microSDXCメモリーカード/インターフェース 有線 Hi-Speed USB・A/V-OUT・HDMI、無線LAN/本体サイズ 85.8×53.5×19.8mm/重量 約163g(バッテリー、メモリーカード含)

デザイン:★★★★☆
機能性:★★★☆☆
性 能:★★★☆☆
高級感:★★★★☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

キャノン、『EOS 5D Mark-Ⅲ』3月下旬に発売

3 3月

キャノンは、デジタル一眼レフカメラ『EOS 5D Mark-Ⅲ』を3月下旬に発売する。ボディ単体で同社直販サイトでの販売予定価格は358,000円。レンズ『EF24-105mm F4L IS USM』をセットにしたモデルの予定価格は458,000円。なお従来モデルの『EOS 5D Mark-Ⅱ』も併売される模様。
撮像素子は35mmフルサイズ、約2,230万画素CMOS採用。8ch読み出し可能(Mark-Ⅱは4ch)、高感度撮影時のノイズを低減、ISOは100~25600まで対応し、拡張で102400まで可能とのこと。動画撮影時は常用100~12800の拡張時25600.静止画撮影時のISO 25600でMark-ⅡのISO6400と同等の低ノイズを実現。さらに動画撮影時のノイズ低減、画質向上が図られている。
映像エンジンは『DIGIC 5+』。最上位モデル『EOS 1DX』と同時開発された新世代エンジンで、ノイズ除去能力は向上、色収差などのレンズ光学特性の補正も行う。処理速度も従来品の17倍高速化しており、約2,230万画素にして秒間約6コマの高速連写が可能。動画撮影時には撮影中に録音レベルの調整表示が可能になった。

一眼レフカメラは学生時代(まだフィルムカメラだった頃)に一度買ったことがあります。必至にバイトして購入したソレもEOSシリーズでした。なんとなくEOSシリーズには縁を感じるものの、素人の私にはちょっと手の出ない価格設定。とはいえデジモノ好きの端くれ。スペックを見れば納得のお値段というのがうかがえます。

EOS 5D Mark-Ⅲのスペシャルサイトはこちら
http://cweb.canon.jp/camera/5dmark3/index.html