Archive | Docomo RSS feed for this section

エヴァスマフォ「SH-06D NERV」お披露目

1 4月

3月31日~4月の1日の二日間開催された『アニメコンテンスエキスポ2012』にて、“NERV特別仕様スマートフォン”「SH-06D NERV」が展示されていた。SH-06D NERVは、シャープのAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE SH-06D」をベースに、今秋公開予定の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」とコラボレートした特別モデル。映画の世界観を再現したNERV官給品と いうコンセプトで、内蔵コンテンツやUI(ユーザーインタフェース)、パッケージなどは、映画の制作会社、スタジオカラーが全面監修していることから、ただの色物ではなく本気度が伺える。未だ内蔵コンテンツについては明らかにされていない。ホーム画面には「MAGI」をイメージした3D表示のUIが搭載され画面をスクロールさせる際には立体的な表示も見られるようだ。ゲームやアプリ、ウィジェットもSH-06D NERV専用のものを多数搭載するらしい。


動画を見ると、画面の奥行き感(3D表示)が見て取れる。
エヴァファンのみならずSF好きの心もくすぐる仕様ですね。発売日は未定。

デザイン:★★★★★
機能性:★★★★☆
性 能:★★★★☆
高級感:★★★☆☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

Docomo、NOTTV対応全部入りタブレット『MEDIAS TAB(N-06D)』発売

31 3月

NTTドコモから、XiおよびNOTTV対応のNEC製Androidタブレット端末「MEDIAS TAB N-06D」が発売された。MEDIAS TAB N-06Dは、携帯向けマルチメディア放送のモバキャスの受信に対応し、放送局である「NOTTV」の視聴を楽しめるAndroidタブレット。7イン チ、1280×800ドットのWXGAディスプレイを装備し、200万画素のCMOSカメラを内側・外側にそれぞれ搭載。防水性能やおサイフケータイ、通 話機能をも備える。OSはAndroid 2.3(7月以降に4.0にバージョンアップ予定)。CPUは1.2GHzデュアルコアを搭載。 通信方式はLTE方式の「Xi」をサポートし、Xiエリア外では3G網に接続、その他Bluetooth Low Energyにも対応しておりカシオのG-SHOCKシリーズとの連携も可能。大きさは約120×200×9.9mm、重さは約349g。バッテリー容量は3610mAhで、連続待受時間は3Gで約560時間、LTEで約500時 間、GSMで約460時間。連続通話時間は3Gで約610分、GSMで約810分。モバキャスの連続視聴時間は約330分。ボディカラーはSilverの み。パッケージには角度調節可能な卓上ホルダが同梱される。ドコモオンラインショップによれば、本体価格は83,790円と割高感もあるけど、月々サポート(Docomoで新規契約した際につく割引)が70,560円分もあり、実質13,230円とのこと。NOTTV対応テレビとして考えてもずいぶん安く手に入りそうですね。それにしてもNOTTVはどうなんでしょう?地上デジタル放送に迫るような新たなメディアとして定着するんでしょうか?

デザイン:★★★☆☆
機能性:★★★☆☆
性 能:★★★☆☆
携帯性:★★★☆☆
高級感:★★★☆☆

総合評価:★★★☆☆

エディター by Digitarou

スマフォ向け放送局、NOTTVについてはこちら
http://www.nottv.jp/

いよいよ本日、Docomoのmovaサービス終了

31 3月

時代は4G(LTE)通信が始まり、3G通信全盛。前時代の2G通信(Docomoの)が今日をもってサービスを終了する。明日以降、mova専用端末は使用不能になるということだ。
現代のケータイ事情とその進化の差を比べてみよう。現代のケータイ契約は初期費用も数千円で本体は実質ゼロ円、小学生だって携帯できるのに対し、mova誕生時(約19年前)の初期費用はなんと15万円!一部の高所得者だけの特権って感じですね。
現在最も加入者が多いであろうFOMA(3G通信規格)のデータ通信速度は2~3Mbpsなのに対しmovaのデータ通信速度は2400bps。これがどれくらいの速度か?というと、1秒間に送受信できるデータ量は全角日本語文字でわずか150文字分。十分な速さでしょうか?短いメールなら1秒で送れますね。しかし、FOMA(3Mbpsとする)では、1秒間に18万7500文字送れてしまうのです!今後エリアも拡大していく次世代通信(DocomoではXiという)になると75Mbps(468万7500文字)。そういえば、昔のケータイメールって文字制限ありましたっけ。
ところでDocomoからmova終了のお知らせが発表された時点で、mova契約者が未だ31万件もありましたけど、あれはどうなったんでしょうか?

エディター by Digitarou

Docomo、『Galaxy Note SC-05D4』 4月6日発売決定!!

28 3月


ドコモからついに発表となったSAMSUNG製5.3インチスマートフォン、Galaxy Noteがついに発表されました。待ってました!5.3インチ液晶だけあって本体もやや大柄で、147×83×9.7mmで文庫本よりやや小さいくらいだけど、一般的なスマートフォンに比べれば大きい。CPUは1.5GHzのデュアルコアCPU。バッテリーは2500mAhと大容量で、カメラの画素数は外側が810万画素、内側は196万画素。そしてワンセグ、LTEに対応。GalaxyNoteの最大の特徴といえば、Sペンと呼ばれる付属の専用ペン。一般的なスマートフォンは静電気を感知してタッチ操作する為、指などある程度の面積が画面にタッチしないと操作できない。その為、別売のスタイラスペンもペン先が太く、メモや絵を描くような操作には向いていない。それをこのGalaxyNoteでは128段階の筆圧を感知できるらしい。筆圧感知とは、強く押せば太く、軽く引けば細く線が引ける機能といえば分かり易いだろうか。デジタルデータを扱うときにスマートフォンは非常に相性が良く、最近では音声入力による日本語の認識率も非常に高い。本当にちょっとしたメモとか、図を作成するとか、紙にペンで書くにはまだまだ及ばないのだ。そういう点でGalaxyNoteのSペンにはスマートフォンの新たな利用スタイル進化への第一歩といえるのではないだろうか。なお発売予定日は4月6日で、3月29日から予約開始だそう。
iPhoneを使って3年、Android陣営の端末にはぜんぜん興味がわかなかったけどこれは欲しい!

デザイン:★★★★★
機能性:★★★★★
性 能:★★★★☆
携帯性:★★☆☆☆
高級感:★★☆☆☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

MinisuitではGalaxyNote用ケースを多種販売しています。
【MniSuit】GalaxyNote用ディンプル柄ハードケース
【MniSuit】GalaxyNote用TPUシリコンケース
【MniSuit】Galaxy Note用アンチダストカバー
【MiniSuit】Galaxy Note対応 特殊ベルベット調ハードケース

ドコモ、BlackBerry Bold 9900を3月30日発売

27 3月

NTTドコモは3月27日、同社スマートフォンの新製品「BlackBerry Bold 9900」を3月30日より発売すると発表した。発売に先駆け、全国のドコモショップで3月27日より事前予約を受け付ける。BlackBerryといえば今のスマートフォンブームよりずっと以前から使われてきた端末。でもどちらかというとビジネスマン向けという、ちょっとお難いイメージ。物理ボタンとしてQWERTYキーボードもついてるし、テンキーも併用されているので、従来のケータイに一番近いスマフォではないか?とも思うが、国内ではあまり受け入れられなかった様子。BlackBerry Bold 9900は、タッチ操作対応の2.8インチVGA(640×480)ディスプレイを搭載し、115×66×10.5mm、約130gの薄型ボディ。1.2GHzCPUを搭載し、新OSのBlackBery7.0を採用。カラーはCharcoal Blackのみ。その他の仕様としては、FOMAハイスピードに対応するほか、Wi-fi、テザリング、Bluetooth、緊急速報『エリアメール』、国際ローミング、ミュージックプレイヤーなど。
なお、流行のスマフォとは一風違ったBlackBerryの歴史に興味のある方はこちらをどうぞ。
http://www.myblackberry.jp/column/01/

デザイン:★★★☆☆
機能性:★★★★☆
性 能:★★★★☆
携帯性:★★★★☆
高級感:★★★★★

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

【minisuit】Docomo Optimus LTE L-01D 液晶保護フィルム

23 3月

Docomo Optimus LTE L-01D 液晶保護フィルム、クリアタイプをMinisuiにて販売。液晶画面をキズや汚れから守ります!目の負担を軽減する、反射防止仕様。フィルムを装着しても違和感なくすべての操作が行なえます。接合面に自己吸着性のシリコン皮膜がコーティングされており、接着剤や両面テープを使わずに取り付けられます。また、取り外しても跡が残りません。※写真撮影の照明や、画像処理の加減により実物の色味と若干異なる場合もございます。あらかじめご了承の上ご購入下さい。※製品の仕様(ボタン切り抜き箇所、形状、色彩)は販売時期により若干異なる場合がございます。

お求めはこちらから
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B007MSGKH0

エディター by Digitarou

Docomo、契約数6000万件突破

21 3月

NTTドコモは14日、携帯電話の契約数が今年3月11日で6000万を突破したと発表した。携帯電話は1979年12月にサービスを開始した。大台に乗 せたのは、5000万契約を突破した2005年11月以来約6年ぶりとなる。ただ4000万契約を達成したのは02年1月で、成長のスピードは落ちてい る。

総務省によると、11年末の携帯電話(PHSを含む)の人口に対する普及率は101.4%で、1人当たり1台を上回っている状況。またスマートフォン(高機能携帯電話)は普及しているが、ドコモはKDDIやソフトバンクモバイルに押されている。(産経ニュースより引用)

2012年2月時点で日本の人口は1億2770万人(総務省統計局調べ)だそうで、そうなると二人に一人はDocomoユーザーっていうことに。主な通信会社はDocomo、AU、Softbank、イーモバイル、ウィルコムとあるなかで、Docomoが人口の半分をカバーしてるってすごいな。私は十数年前にDocomoのPHS使ってたことはあるけど、やっぱりDocomoは昔からちょっと高い。そしてAUはデザイン(最近振るわないけど)、Softbankは安さ一番というイメージ。Docomoは通信品質やエリアは良いのかもしれないけど、私には繋がりやすさよりも値段の安さの方が魅力。ちょっとくらい電波が悪くても移動体通信なんてこんなものでしょう。そんな中やたらとSoftbankが繋がらないことで批判されるのがちょっと不思議。Softbank以外のケータイ電波がどんだけ良いのか・・・というよりは、現代人は”繋がるのが当然依存症(=繋がらない事に非常に高いストレスを感じる)”に陥っていないかと心配です。

エディター by Digitarou