4月1日、スマフォ向け新時代テレビ、『nottv』開局!

1 4月

・・・って事なんだけど、『nottv』って一体ナニ??ここしばらく『nottv』対応スマフォとかタブレットの発売ニュースもあったけど、肝心なnottvが何なのか?をイマイチ把握していない。なのでちょっと関連ニュースを漁ってみた。

「nottv」は、携帯向けのマルチメディア放送サービス「モバキャス」による最初の放送局。じゃあその「モバキャス」ってナニ?というと、地上アナログ放送が停波したことで空い た周波数帯域を利用して、高画質なリアルタイムテレビ放送や、電子書籍、ゲーム、音楽などの配信を行うものらしい。画質は「ワンセグの約10倍」らしいので、地デジと同等になると思われる。nottvではリアルタイム放送の番組と、蓄積型のシフトタイム放送が提供されるとのこと。ジャンルは開局現在時点ではスポーツ、音楽、情報・バラエティ、ドラマ、アニメ、映画、趣味・教養など。ジャンルだけ聞くと地上派のテレビと大差ない気もする。大きな違いとしてはやはり”蓄積型のタイムシフト放送”になるだろう。地上デジタル放送では見たい番組は常にリアルタイムで放送され、その時間にテレビの前にいけなければ、自分でビデオを録画しておかないといけない。録画さえしておけば後は好きな時間に視聴できるし、途中で止めて続きはまた今度なんて観方もできる。nottvではそういった本来ビデオデッキがなければできなかった視聴スタイルをテレビ局自体が用意してくれているわけだ。しかしながら受信料が月額420円、有料放送である。CSやBSに近い存在といえばイメージもしやすい。また現時点では視聴可能エリアも都市部に限られ、対応機種も少ない。普及するかどうかは番組の質と対応機種の発売にかかってる。iPhoneの地デジチューナーの様に後付で端末を選ばず使えればいいけど、もともと端末に備わっている機能でしか無理となると、さらに普及させるのは厳しいんじゃないだろうか。ちなみに筆頭株主がドコモであることから、サービス開始当初はドコモから対応端末発売への流れである様子。ということは、順次各社対応端末が出るってことなんですかね?

エディター by Digitarou

 

エヴァスマフォ「SH-06D NERV」お披露目

1 4月

3月31日~4月の1日の二日間開催された『アニメコンテンスエキスポ2012』にて、“NERV特別仕様スマートフォン”「SH-06D NERV」が展示されていた。SH-06D NERVは、シャープのAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE SH-06D」をベースに、今秋公開予定の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」とコラボレートした特別モデル。映画の世界観を再現したNERV官給品と いうコンセプトで、内蔵コンテンツやUI(ユーザーインタフェース)、パッケージなどは、映画の制作会社、スタジオカラーが全面監修していることから、ただの色物ではなく本気度が伺える。未だ内蔵コンテンツについては明らかにされていない。ホーム画面には「MAGI」をイメージした3D表示のUIが搭載され画面をスクロールさせる際には立体的な表示も見られるようだ。ゲームやアプリ、ウィジェットもSH-06D NERV専用のものを多数搭載するらしい。


動画を見ると、画面の奥行き感(3D表示)が見て取れる。
エヴァファンのみならずSF好きの心もくすぐる仕様ですね。発売日は未定。

デザイン:★★★★★
機能性:★★★★☆
性 能:★★★★☆
高級感:★★★☆☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

ロジクールの超カッコいいiPad2用ケース『トランスフォームキーボード TK900』

1 4月

ロジクールから非常にガジェット好き心くすぐるアイテムが出ていました。
iPadを立ち上げるとキーボードが隙間からせり出してくるキーボードケースです。これは動画見ないとその凄さは伝わりにくいので、以下をとうぞ。

キーボードはBluetoothでiPad2と接続、バッテリー内臓で約3時間の充電で500時間使用できます。サイズは250×196.5×20mm(折りたたみ時)で重量は480g。実売価格は7980円。キーボード内臓だから致し方ないとはいえ、iPad2と合わせて1kgになるとちょっと携帯するというイメージはわかないけれど、自宅で使う分にはアリかも。

デザイン:★★★★☆
機能性:★★★★★
性 能:★★★★★
携帯性:★☆☆☆☆
高級感:★★☆☆☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

MetaMoji、究極のスタイラスペン『Su-Pen』リニューアル版発売

31 3月

iPhoneアプリに”7notes”という手書きメモアプリがあります。手書き文字を認識し、漢字の変換候補を出すという高性能なメモアプリなんですが、7notesを作ってるメーカーがそのアプリでより快適に文字を書くことにこだわって作ったのがこの『Su-pen』だそう。前評判が高すぎて初期ロットは発売後即完売。ペン軸を燕三条の磨き職人が仕上げているらしく大量生産できないんだとか。初期モデルには長期間使っているとペン先が磨耗して反応が悪くなる欠陥があったらしく、ペン先の素材を見直したリニューアル版が3月23日に発売されました。定価2980円なのにAmazonですでに3680円とプレミア価格になってます。使っている動画を見ると、まるで指で書いているかのような反応の良さがうかがえます。ちょっと値段が張りますが試しに購入してみようと思います。レビューはまた近いうちに。

デザイン:★★★★☆
機能性:★★★★☆
性 能:★★★★★
携帯性:★★★★☆
高級感:★★★★☆

総合評価:★★★★☆

エディター by Digitarou

キングジム、アナログとデジタルの融合ノート「SHOTNOTE」

31 3月

 

文具メーカーで有名なキングジムから発売している「SHOTNOTE」という製品。スマートフォンにもそれぞれ専用のアプリがあり、紙に書いたメモをスマートフォンのカメラでスキャンしてデジタルデータにできる。カメラで対象を撮影しようにもノートの真正面から撮る必要は無く、ノートの四隅にあるマーカーを認識して自動で形を補正し、スマフォの画面にぴったり合わせてくれるのである。まだまだ紙にペンで書く動作に勝るデジタルツールは存在しないので、こういうお手軽電子化という方向性の方が良い気がする。先日Docomoから発売が決まった筆圧感知ペン対応スマフォ、GalaxyNoteも実機を触ってみたがやはり紙に書く感覚にはほど遠かった。ただ・・・iPhone用のSHOTNOTE対応アプリのスキャン精度が実はそんなに良くないってのが玉に瑕。EverNoteやDropboxに連携できて便利なんだけど、カメラスキャンがとにかく弱い。紙ノートとしては書き易く、四隅のマーカーがページごとに記載されているのは便利なので、別のスキャンアプリで使う様にしてます。個人的にはDocScanner(iOSアプリ)がおススメ。なおSHOTNOTEはAndorid端末にも対応してます。

デザイン:★★★★★
機能性:★★★☆☆
性 能:N/A
携帯性:★★★☆☆
高級感:N/A

総合評価:★★★☆☆

エディター by Digitarou

Docomo、NOTTV対応全部入りタブレット『MEDIAS TAB(N-06D)』発売

31 3月

NTTドコモから、XiおよびNOTTV対応のNEC製Androidタブレット端末「MEDIAS TAB N-06D」が発売された。MEDIAS TAB N-06Dは、携帯向けマルチメディア放送のモバキャスの受信に対応し、放送局である「NOTTV」の視聴を楽しめるAndroidタブレット。7イン チ、1280×800ドットのWXGAディスプレイを装備し、200万画素のCMOSカメラを内側・外側にそれぞれ搭載。防水性能やおサイフケータイ、通 話機能をも備える。OSはAndroid 2.3(7月以降に4.0にバージョンアップ予定)。CPUは1.2GHzデュアルコアを搭載。 通信方式はLTE方式の「Xi」をサポートし、Xiエリア外では3G網に接続、その他Bluetooth Low Energyにも対応しておりカシオのG-SHOCKシリーズとの連携も可能。大きさは約120×200×9.9mm、重さは約349g。バッテリー容量は3610mAhで、連続待受時間は3Gで約560時間、LTEで約500時 間、GSMで約460時間。連続通話時間は3Gで約610分、GSMで約810分。モバキャスの連続視聴時間は約330分。ボディカラーはSilverの み。パッケージには角度調節可能な卓上ホルダが同梱される。ドコモオンラインショップによれば、本体価格は83,790円と割高感もあるけど、月々サポート(Docomoで新規契約した際につく割引)が70,560円分もあり、実質13,230円とのこと。NOTTV対応テレビとして考えてもずいぶん安く手に入りそうですね。それにしてもNOTTVはどうなんでしょう?地上デジタル放送に迫るような新たなメディアとして定着するんでしょうか?

デザイン:★★★☆☆
機能性:★★★☆☆
性 能:★★★☆☆
携帯性:★★★☆☆
高級感:★★★☆☆

総合評価:★★★☆☆

エディター by Digitarou

スマフォ向け放送局、NOTTVについてはこちら
http://www.nottv.jp/

日本通信、カメレオンSIM登場

31 3月

一般的にスマートフォンを利用するには、各社パケット定額プランを使うものです。本来何十万、百数十万するパケット通信料が4410円(SB)、5460円(AU、Docomo)、で済むのだから非常にリーズナブル。しかしもっとお得に使いたい、と思うのが人の常。そのお得なデータ通信を実現してくれるのが、日本通信が出してる各種SIMプランってわけです。
今回登場した「カメレオンSIM」については以下の3プランがあります。

  • U300定額:300kbps制限プラン、30日間使い放題で 2480円
  • 高速定額:LTE利用可、5GBまで、もしくは30日間契約で 5400円
  • 1GBフェア:LTE利用可、1GBまで、もしくは120日間契約で 8800円

各プランは契約終了する毎に、継続、解約、プラン変更の選択が可能で違約金もかかりません。現在ケータイ契約のある端末で使うとなると、SIMカードを入れ替えることになるので、その場合電話番号は使えなくなりますね。ケータイ契約をしてない端末とか、これから始めようという人の選択の幅は広がりますが、すでにケータイ契約中の人にはあまりウマミは無い気もします。また国内で販売されているケータイ、スマートフォンの多くはSIMロックがかかっており、Softbankで買ったiPhoneはSoftbankでしか使えないし、AUで買ったiPhoneはAUでしか使えない。したがってこういう端末ではカメレオンSIM利用することはできません。日本通信のSIMはDocomoのFOMA(およびXi)回線を使う為、Docomo端末との互換性はある。カメレオンSIMを利用したい場合は、SIMフリーの端末を購入するか、Docomoの端末を購入するかになります。

たとえば1GBフェアプランなら、一ヶ月250MBまで2200円で使えるわけで、Softbankのデータ定額プランの約半額に。毎日のように外出してパケット通信使い放題な人には向いてませんが、私のように基本自宅が仕事場でWi-fiスポットが無いところで出かけるのが月に数回、なんて人には最適なプランじゃないでしょうか。こんなことならSIMフリーのiPhone4Sにしとけばよかった・・・かも?ってそれじゃSoftbankWi-fiスポット使えないか。悩ましい・・・。

エディター by Digitarou